好きなことで生きていく3つのメリット

スポンサーリンク



こんにちは。プロぼっちのトモキンです。

「残業が多い」「有給を消化させて欲しい」

会社ではよくこんな言葉が飛び交いますよね。

でも、ボクが今の生活を確立してから、アフターファイブ、休日にわくわくする人生って面白い?って思うようになりました。

だって、これって突き詰めると「仕事が嫌だ」って事ですよね?

そんな嫌なことに人生費やしてたら勿体無いです。

ユーチューバー、ブロガー、インスタグラマー、アーティスト。

何でもいいです。とにかく、自分が「コレ面白そう!」ってキャリアを1つピックアップしましょう。

そこで見つけた仕事が本当に自分の好きなことなら、以下3つのメリットがあるでしょう。

1.”ワクワク感”があれば最高のパフォーマンスを発揮する

ボクは3年前にユーチューブを通して自分を発信することを始めましたが、動画のネタ考えるのが楽しくて、寝不足になるまで台本書いたりしていました。

会社から帰って時間が全くなくても、動画投稿の締め切り時間から逆算して意地でも動画を作り上げていました。

「そこまでして、しんどくないの?」って言われる事も多々ありましたが、その動画を作る行為自体がワクワクすることだったので、全く辛くありませんでした。

逆に、アルバイト時代からサラリーマン時代まで、全くワクワクしない仕事をした経験もたくさんあるのですが、とにかく仕事をする行為自体が嫌だったので、締め切りまでの時間があろうが、なかろうが辛かったです。

無理難題に行き詰って悩むこともたくさんありました。

ワクワク感があるだけでコレだけパフォーマンスが違います

今、「残業がー」って言いながら仕事をしている人は自分のパフォーマンスの違いに気づくことはできないでしょう。

スポンサーリンク



2.クリエイティビティを高めることが出来る

好きな事が仕事であれば、愛着を持って仕事に取り組むことができます。

それがクリエイティビティに繋がるってどういうコト?って読者も多いと思うので、具体例を用いて説明します。

例えば、愛着を持って彼氏、彼女に接していますよね?

その時、「○○にこんな服似合うだろうなぁ」「明日のデートはこの場所に連れて行ってあげたいなぁ」など、知らず知らずの内に色々考えています。

この時、自分では気づいていないかもしれませんが、自然とアイデアの発散・収束を繰り返しているのです。

彼氏、彼女に対してのクリエイティビティが日に日に高まる。だから、いつも一緒にいても飽きないし、楽しいのですよね。

仕事も同じです。自然とアレコレ考えるので、その仕事では、誰にも負けないクリエイティブ能力をゲットするでしょう。

3.人生が豊かになる

よくサラリーマンで一気に老ける人、いつも死んだような顔で満員電車に乗っている人、たくさんいると思います。

家庭の問題とか色々あると思うのですが、大半は仕事が原因です。

通勤ラッシュ時の電車飛び込み自殺とか毎年のように起きていますよね?

そこまで追い詰められるまで、嫌な仕事にフォーカスしすぎてしまうのです。

自分が愛着持ってて、本当に好きな仕事であれば、生活について考える余裕も出るし、精神的負担もないです。

そして、仕事で死にたいって思ってる人にちょっとでも読んで欲しい、そんなブログです。

最後に

以前、ホリエモンが本でこんな事書いてました。

「好きなこと」にいかに没頭できるかどうかは、人生の明暗を分ける大きな要素だ。好きなことが「ビジネスとして成立するのか」ということにとらわれすぎない方が、かえって良いかもしれない。「それが仕事になるか」は、未来になってみないとわからない。

まだこの文を読んでピンと来ない人は、ホリエモンの「好きなことだけで生きていく」を読んでみると良いでしょう。

とにかく、ボクから言えることは「遊ぶように生きろ!」これにつきます。

スポンサーリンク



▼この記事をSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です