シリコンバレーが凄いと言われる3つの理由

スポンサーリンク



こんにちは。超インフルエンサーのトモキンです。

ご存知の方もいると思いますが、ボクはシリコンバレーと言われる地域に住んでいます。

IT企業に勤める方なら知らない人はいないであろうシリコンバレー。しかし、実際はかなりの田舎です。(しかも物価が異様に高い、、、)

このシリコンバレー、いったい何が凄いのかを3点に絞って紹介したいと思います。

1.失敗を褒める文化

日本企業にずっといる人ならこの見出しを見て「え??」ってなると思います。

シリコンバレーでは、常に「失敗は成功の元」という考え方が全面的に出ていて、ビジネスの場でも「あの時はこんなミスして会社が吹っ飛んじゃって、、、笑」みたいな会話がしょっちゅうあります。

実は、失敗に失敗を重ね、やっと成功したって人が今のシリコンバレーネットワークを構築しているのです。

むしろ、ここでは失敗しないで無難に生きてる人のほうが評価されません。失敗したときは、むしろ「お前、よくやったな!!!」と言われます。

日本は「失敗=悪」という文化が根強く残っているため、大きなチャレンジしようとする人が少ないです。ベンチャー企業が少ない理由もこれが1つの理由

とにかく、「やってみよう!」という根気が大事なんですよね。

2.ビジネス系MeetUpが充実してる

シリコンバレーでは、ビジネス系MeetUpがアメリカの他地域と比べて圧倒的に多いです。

しかも、無料イベントなのに何故かピザやビール、ワイン等が出てくるということもあります!!

毎晩のようにピッチイベントがあったり、ビジネスネットワーキングがあったり、最新IT事例の紹介系MeetUpがあったりと勉強できる機会がかなり多いです。

そこで知り合った人とビジネスを起したりすることも珍しくありません。

気軽に誰でも参加できる仕組みになっているので、今までビジネスに興味がなかった人でも、急に始め出したり、ITの勉強をし出したりということが多いですね。

この辺りは日本も真似できそうなので、なnか仕組み作りをしてみても良いかもしれません。

スポンサーリンク



3.簡単に社長クラスの人と出会うことができる

日本ではまずあり得ませんよね。

大企業に勤めていると、社長に会うのは年末年始の挨拶だけっていう人が多いと思います。

しかし、シリコンバレーでは簡単に会えちゃうのです!!

何故かというと、各国のコミュニティがあって、横の繋がりが非常に強いからです。

シリコンバレーは移民が多く、インド人、中国人、ベトナム人、、、と色んな国の人が混じってて、各国でコミュニティを形成しているのです。

そのコミュニティでビジネスの勉強会や、ネットワーキングの機会があったりします。

そこに有名企業の社長、常務クラスの人が現れることが多々あります。

ボクらで言えば日本人のコミュニティになりますが、「何でこの人がここに・・・」ということも良くありますよ。

普通にお話しもできるし、タイミングが良かったら会社訪問させて頂けることもあります。

まとめ

とにかく、ここは刺激的なフィールドです。

ただ、勘違いして欲しくないのが、頭がいい人が特別多いわけではないんです。

ほとんどの人が、失敗⇒修正⇒失敗⇒成功のプロセスで生きています。

成功への道は、失敗からしか学べないんだよ」って社長の方はよく言っていますね。

とにかく、この記事読んで「ちょっとでも興味あるなー」って思ったら来てみることをお勧めします!!

スポンサーリンク



▼この記事をSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です