HIKAKINじゃなくTOMOKIN!?プロぼっちともきんについて

スポンサーリンク


当ブログの著者・TOMOKIN(友金良太)の詳細プロフィールです!

TOMOKINって誰?何者なの??

アーティスト活動、SNS活動、その他色々やってる人。そして、ぼっちです。本名はトモガネリョウタ。

年齢は秘密。兵庫県出身。ぼっち活動を啓蒙するため、たった一人でシリコンバレーへ

現在は、アメリカと日本を中心にグローバルに活動を行っている。

現在の主な仕事は

など、基本ぼっちで活動出来るものです。

YouTubeではチャンネル登録者4万人、総再生数1300万再生、その他SNSも含めるとおよそ10万人以上の方々にご支援頂きました。

ライブ活動、講演については日本だと関西中心、アメリカだとサンフランシスコで行う事が多いです。

ちなみに、ぼっちで悩んでる方いましたら、いつでもメールどうぞ。

なんでTOMOKINって名前なの??

中学生のときに、パソコン部の部長だったのですが、新任の顧問の先生が僕の本名である「友金」を「トモキン」と呼び間違えて、あだ名が「トモキン」になったことがきっかけです。

そう、、、、、

超大物ユーチューバーHIKAKIN(ヒカキン)からとった名前ではありません!!w

そのまま大学生になっても、あだ名を「トモキン」で通してきました。

でも、この時まで僕は「トモキン」というあだ名が嫌いでした。
最初は先生が呼び間違えて、部員の皆からからかわれただけだったので。。。

でも、ある事件をきっかけに、「トモキン」という名前が好きになりました。

突然の大炎上、からのYouTuberデビュー

僕は、大学時代アカペラサークルに入っていました。
そこで、先輩に進められて始めたボイスパーカッションに没頭し、毎日8時間は練習していました。

ビートボックスの大会にもよく出場し、そこで初めてHIKAKINさんと会いました。
当時の彼は今ほど有名ではなかったけど、かなりビートボックスが上手く、一線を画した存在でした。

僕は彼とは対照的に、ビートボックスは上手くなかったけど、動画を作ることは好きで、2011年に1本だけ学園祭での演奏動画をアップしました。

それからサラリーマンになって、毎日慌しく生活をしている間に1年が過ぎていました。

そしてある日、見なくなったはずのYouTubeから毎日大量の通知メールが送られてきました。
「何が起こったんだろう・・・」見てみると大量のコメントが届いていました。

「お前HIKAKINのパクリだろ!!○ね!!!」、「ヒカキンに謝れ!!」

「えーーーーー!!!!」正直、意味が分かりませんでした。HIKAKINさんとは、1年以上も会ってないし、特に何もしていないはず、、、なのに、、、

この時の僕は情弱でした。HIKAKINさんが日本トップユーチューバーとなっていたのです。

つい、数年前までビートボックスバトルの会場で会ってたのに。。。
知らない所で凄い差がついた上、このまま大炎上していたら、「トモキン」という名を失ってしまう。。。

悔しいからとりあえずYoutuberデビューしてやるか!!

ユーチューバー・TOMOKINの誕生となりました。

スポンサーリンク


▼この記事をSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です