YouTuberとの出会いで変わった自分、TEDx出演という夢

スポンサーリンク



先日、アメリカ・サンフランシスコにてTEDx TALKが開催された。

ボクが英語の勉強を始めたとき、スティーブ・ジョブズのTEDスピーチを何回も聞いていて、まさか自分がその舞台に立つとは思わなかった。

サンフランシスコでオーディションがある事を聞きつけて、「ちょっと行ってくる!」くらいの軽いノリで応募して、そのままトントン拍子で受かっちゃったのだ。

日本にいる間からずっと読んでた本の著者、AIの勉強をしていた時によく読んでた論文の著者、誰もが知っているシリコンバレーのCEO・・

「本当に自分なんかが登壇していいの?」そればっかり内心思っていた。

3ヶ月前まで、スマホの画面越しに見ていた自分

オーディション合格を知ったのは今から3ヶ月前。

合否通知される前日まで、TED TALKのスピーチ動画を聞いてはそれを紙に書き取るという英語の勉強に使っていた。

TED TALKは学校の教材としても使われるくらい、英語の勉強に定評がある。

ボク自信も、この動画のおかげで、TOEICの点数を数百点も伸ばすことが出来た。

「TEDは舞台として大きすぎるし、どこかの大学で英語こんな感じでスピーチできたらいいなぁー」っていつも思いながらTEDの動画を見ていた。

仕事でさえ、英語でプレゼンするという事をやったことがないし。。。

合否通知があったのは、ホリエモンのTEDスピーチを見ていたときだ。

見知らぬメールアドレスから英語で

「We would like to congratulate you on the originality of your talk, and would be honored to have it at our event!!」

直訳すると、「あなたのお話のオリジナリティにおめでとうと言いたい!そして、私たちのイベントにあなたをお招きできて光栄です!」

この一文でボクの人生は大きく変わることとなった。

「人生楽しもうぜ!」との出会いがボクのスタート

この台詞よく言ってる人を皆さんはご存知かな?

今、よくAbema TVでボクシング企画に出ているあのユーチューバーです。

彼とは、3年前にイベントを一緒に作って、それ以来の関係です。

何でも、興味を持ったものに対してはすぐに行動。例えどんな大きなことでも即座に行動。

そんな彼を見て、ボクも心打たれました。だから、アメリカに行くことを決めたし、TED応募も決めました。

ビートボックスを始めたのはハモネプに出てたダイチさん。自分を変えるきっかけになったのはジョーブログ。早く自分も行動しないとって思わしてくれた禁断のいっくん。

結局、人との出会いが自分を変える原点になるのか、、、と思いました。

そんな出会いに心から「ありがとう」

スポンサーリンク



▼この記事をSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です