YouTubeの動画投稿を続ける4つのポイント

スポンサーリンク



こんにちは!超インフルエンサーのTOMOKINです!YouTube始めたての人からこんな相談をうけました。

動画投稿1本だけしてみたのですが、なかなかそれ以降続かないです。。。

ボクもYouTube始めたときは最初の1本出すのにすごい時間かかったし、かなり気持ちが分かります。

でも、半年で動画を出すという事に対して何の苦労もなくなりました。

何故かというと、「毎日ご飯を食べるように、動画を出すようになったから」です。

1.とにかく、動画投稿を習慣化しよう!

たとえば、みんな毎日あさ、ひる、ばん3食ご飯を食べなかったらお腹空きますよね?

これは、毎日ご飯を食べているから一定の時間になったら体が勝手に反応して「ご飯たべよう!」となるから習慣的にご飯を食べているだけのことです。

これと全く同じで、動画を出すという行為も「今日何も出してないなーやらないと」って体が勝手に反応するようにまでなります。

動画に限らず色んなことに言えるのですが、編集も撮影もしていない人が最初の1本動画を出すのは凄くハードルが高いです。そのハードルを乗り越えても、なかなか続きません。

ボクは、最初の1ヶ月に習慣化できるかどうかが勝負だと思います。

じゃあ、どうすれば1ヶ月で体が反応するようになるのかですよね。

2.自分の中にルールを作る

まず、ボクはいきなり毎日投稿するのが苦痛だったので、「最初の1ヶ月は、月・火・木・土動画投稿する」というルールを作りました。

これは、ルールなのでどれだけ自分が遊びたくても、仕事が忙しくてもやらないとダメだと自分に言い聞かせました。

この、ルールを決めた後は破った場合の罰を自分に課すようにしましょう。

「晩御飯なし」とか「次の日に3倍の動画編集する」とか・・・

とにかく、決まりごとにすれば1ヶ月は続きます。

どれだけ急がしくても、毎日30分~1時間は絶対隙間時間があります。

このルールを課したとき、ボクはエンジニアで繁忙期だったのですが、通勤電車や休み時間、ご飯食べる時間を少なくするなど、色々工夫したら出来ました。

スポンサーリンク



3.無駄なものを排除する

あとは「誘惑を排除する」ということが大事ですね。

ボクは、帰ってきたらまずテレビをつけてご飯たべてたので、1時間でも2時間でも食卓に座ってました。

だから、テレビを実家に持っていきました。

テレビがなくなったことで、ご飯を食べる時間が30分に短縮されました。

だから、時間を作るためにも誘惑に引っかかりそうなものが少しでもあれば、排除することをおススメします。

4.それがダメなら毎日の出来事を3分間スピーチしよう

ネタもそんなに思い浮かばない、編集も面倒、テレビも見たい、友達とも遊びたい。。。。

とにかく「つらい」って思うのであれば、動画編集は一切せずに、ただ3分間その日に起こった出来事を喋るだけの動画を作ろう。

たぶん、面白い動画は出来ないので、再生回数は0回~10回くらいかもしれません。

でも、やらないよりかはだいぶマシです。

これがきっかけとなって、アイデアが思い浮かんだり、工夫を凝らすようになったりするからです。

とにかく、出来ることから始めれば1年後大きくレベルアップしています。

だから、「小さく始める」ことを心がけてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



▼この記事をSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です